スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の誕生記録 (3)

息子の誕生記録(1)

息子の誕生記録(2)

+++

なかなかブログは綴れません・・・

前回の更新から2ヶ月以上が経ちますが、
すごいスピードで息子くん成長しています(笑)

ちなみに現在7ヶ月の「やんちゃ君」です!!

まずは誕生記録を終わらせてから、日々の事を綴りたい・・・
のですがきっと思うようには進まないかと(笑)

+++

ようやくここへきて助産師さんからの
「そろそろだね~」のおことば。

この辺りで「破水」したと思います。

実はこの時、陣痛があまりに長くてなかなか出てきてくれないから
これ以上強い陣痛がこなければ促進剤を打とうか?
っと話していたそうで、ギリギリな感じでした。

で、本格的な「私の準備」が始まりました。

ギリギリまで迷った夫の立ち会い。
それまでずっと横にいてくれて手を握ったり、
声掛けて励ましてくれてたけど何故か急に
「ちょっと思ったよりハードだな~」って思っちゃって、
(余裕ないくせに・・・)
産まれたら入って来てもらうことにしました。

「でもこのまま1人(身内がゼロ)で産むのは不安・・・」
(実は余裕あったのか?!)
って思い、母にはそのまま横にいてもらいました。

どんどん痛みも強く、出てくる感覚もはっきりしてきて
私の腰から下は一体どうなっているのか??っていうくらい
痛みが酷すぎてよく分からない感じでした。
汗も半端なくかいてたな・・・

物凄い力で母の手を握ったままだったからかなり痛かっただろうし、
私の叫び声に必死に応えてくれて、
母になる寸前に「母の偉大さ」を実感しました

「まだっ~~、もう無理だよ~痛いよ…」
を何度繰り返し泣き叫んだか…

助産師さんと一緒に呼吸を整え、
「いいよ、息んで!」の合図で人生最大の力を振り絞ったかと思います(笑)

陣痛がスタートしてから26時間以上経過して、
最後の15分くらいかな?
息みを5・6回してやっと息子が誕生しました!!

出てくる瞬間は、何だか生暖かい不思議な感触でした。
「ドゥル~ン」って感じかな?!(笑)

ちなみに私の第一声は、後々の笑い話となってしまいましたが…

「出たーーーー!」

でした(笑)


そしてどうしても息子の産声を残しておきたかったので、
ずっとそばにいてくれた母にVideoをお願いしていました。
バッチリ撮れてます!!

出産後すぐは私や息子の処置をしてから夫が入ってきてくれて、
息子を私の胸におきカンガルーケアをして、
産まれたばかりのあたたかくて柔らかい息子に触れながら
家族三人で過ごしました。

案外私は元気で、産後もすぐには眠くならず
普通に夫と話していました。
でも、この時に何を話したかは今となっては全く記憶がなく(笑)
LDRから病室へは車椅子で戻ってからは覚えています。

早朝でしたので、とりあえず父や母、夫は一度自宅に戻り、
その間私はしばし睡眠を…

でも、1人になった病室で正直まだ興奮状態だったのか
なかなか寝付けなかったような…

最後に、陣痛が長く途中でお休みしてしまったのは恐らくなんですが、
息子の首や肩にへその緒が巻きついてしまっていたらしです。
直前にみたエコーでは巻きついていなかったそうで。

で、こういう状態なら普通は息子の心拍が乱れたりして
ずっとつけてるモニターで分かるので
急遽帝王切開に切り替えたりするようですが、
息子の心拍はずっと安定していたので、
息子を取り上げてくれた助産師さんは出てくる息子を見てはじめて
「巻きついてる」って分かったそうです。

絶対の理由ではないけど、結構巻きつかれていたから
なかなか出てこれずに当初の予定より陣痛が長引いたのかもしれないとのこと。

助産師さんが
「それでも赤ちゃんはお母さんと一緒に頑張ってくれてたんだから、
赤ちゃんって本当に凄いよねー。
お母さんも赤ちゃんもよく頑張ったね!おめでとう!!」

こんなの言われたら泣いちゃうよね(笑)

+++++

これにて息子の誕生記録はおしまい。

日々の息子との成長を引き続き綴っていけますよーに!!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。